このブログのこと

  • ~~2002年7月21日から~~
    元祖「みこゆきのミーハー日記」の 「みこゆき」が このブログを運営しています。よろしく(^ ^)

姉妹ブログとツイッター

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

« ”日本人おばあちゃんの知恵袋” にはAA付きがあった! | トップページ | 昔の海外TVドラマシリーズ「Xファイル」について »

2014年11月 5日 (水)

「サイバーパンク小説」について

面白かった映画や漫画に関する本が読みたくなって、ちょっと前までサイバーパンク小説を夢中になって読んでいました(^ ^;

前にもちょっと書き込んだことがありますが、サイバーパンク小説とは80年代に流行したSF小説のことで、W・ギブスンのSF小説の賞を総なめした「ニューロマンサー」が有名です。また、本当かどうかはよく知りませんが、その「ニューロマンサー」の第1章が“チバシティブルース”で、その Chiba City(=日本の千葉市) Blues の英語読みがなまって、サイバー(=Cyber )という言葉が生まれたと言われています。

でも、その“マトリックス”という言葉も出てくる「ニューロマンサー」はとにかく難解というか、読んでも意味がよく分からない小説なのです。何か悲惨だし。出来事の表層だけをなぞって書いているからだとも言われています。何が起こったという本質の部分をわざと(?)書いていないような感じです。大体は、近未来の日本や宇宙が舞台です。W・ギブスンのSF小説では「クローム襲撃」の方がまだ分かりやすいのですが、とにかくまだ今のようなインターネットなどがなかった時代に、近未来を予想して、想定して書かれたものです。

でも、私はどうしても全部が全部、単に空想して書かれたものであるとは信じられなくて、ここからは私の妄想的な推測になりますが、そのころに何か特殊な機械が発明されたのではないかと疑っています(^ ^;

コンピューターやインターネットなどの発達は30年前の予想を上回っているそうです。その小説の“マトリックス(=多くの人が関わることのできる共振体??)”とはインターネットのようなものではないか、と私は思ったりしています。30年前に何でも見る(=盗む=知る)ことのできたその機械は、今ならどんなことができるのか?心までも読み取れる機械ができたのではないのか???

本当にちょっと怖くなっています。

実際にパソコンにはウイルスだけじゃなくて、スパイウエアが入ってくることもあるようですし、見られて困るようなものは絶対にインターネットに繋げることのできる機械に保存してはいけないのではないかと思い始めています。

暗くなってしまってスミマセン(^ ^;;;

<私のホームページ付属の掲示板の2005年3月の書き込みより(一部修正)>

先日、TV(BS無料)で映画「ブレードランナー(82年)」の再放送があったので、思い出し(^ ^;

« ”日本人おばあちゃんの知恵袋” にはAA付きがあった! | トップページ | 昔の海外TVドラマシリーズ「Xファイル」について »

デジタル・インターネット」カテゴリの記事

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

BBS過去ログより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2064012/57890321

この記事へのトラックバック一覧です: 「サイバーパンク小説」について:

« ”日本人おばあちゃんの知恵袋” にはAA付きがあった! | トップページ | 昔の海外TVドラマシリーズ「Xファイル」について »