このブログのこと

  • ~~2002年7月21日から~~
    元祖「みこゆきのミーハー日記」の 「みこゆき」が このブログを運営しています。よろしく(^ ^)

姉妹ブログとツイッター

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

« 【再掲載】「そのバカがとまらないーたけしの中級賢者学講座」ビートたけし(著)【私のお気に入りの本】 | トップページ | いっぱいあってなぁ~~でもないけど、お誕生日を忘れてた(^ ^; »

2015年7月18日 (土)

【再掲載】「アメリカ人は、なぜ明るいか?」原隆之(著)【私のお気に入りの本】

この本には、エイリアンの村やエリア51の話から、なぜ老後は明るいのか、住宅事情、財布の中身や中国高官の米国内へのパラシュートキッズの話まであって、メチャ面白い。

あるアメリカ人曰く、国際社会に対して責任を果たさず、お金だけを出して敵をつくらず逃げ回る日本は、ませたガキの国とも(湾岸戦争時のことですが)

著者は1959年生まれのロサンジェルス在住の元商社マン

更新日時: 2003/01/16


<追伸>

この2015年7月16日に、安保法案が衆院を通過し、日本も集団的自衛権が容認されました。

やっと、限定的だとはいえ集団的自衛権の行使が認められたことで、日本もこれからは同盟国や仲間の国をも守ることができる、ちょっとは責任ある大人の国と認められるのでしょうか。

だいたい、”ませたガキの国”なんて言われることも、体格的なこともあったかもしれませんが、日本人側から見たら、今まで、先の戦争に負けた故に、(戦勝国側に)あまり信用してもらえず、自衛権もなく、脅かさせるようなことで、お金だけ出さされるようなことが続いてた、ということからだったと思います。

戦後70年も経過して、日本は平和に貢献してきたのですから、少しは信用してくれるようになったのでしょう。今の日本に、そして昔の日本にも、戦争行為を好んで行うような人はいなかったと思いますけどね(^ ^)

ただ、日本には、一部、未だに安保反対と、デモすることが好きな人達がいるみたいで、今では、あれらは声の大きなだけの少数派になっていると思います。
何かとってもウットオシイことですけどねw

« 【再掲載】「そのバカがとまらないーたけしの中級賢者学講座」ビートたけし(著)【私のお気に入りの本】 | トップページ | いっぱいあってなぁ~~でもないけど、お誕生日を忘れてた(^ ^; »

デジタル・インターネット」カテゴリの記事

国際・政治」カテゴリの記事

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

社会・経済」カテゴリの記事

私のお気に入りの本」カテゴリの記事

続きもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2064012/60793762

この記事へのトラックバック一覧です: 【再掲載】「アメリカ人は、なぜ明るいか?」原隆之(著)【私のお気に入りの本】:

« 【再掲載】「そのバカがとまらないーたけしの中級賢者学講座」ビートたけし(著)【私のお気に入りの本】 | トップページ | いっぱいあってなぁ~~でもないけど、お誕生日を忘れてた(^ ^; »