このブログのこと

  • ~~2002年7月21日から~~
    元祖「みこゆきのミーハー日記」の 「みこゆき」が このブログを運営しています。よろしく(^ ^)

姉妹ブログとツイッター

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

« 【再掲載】「おじいちゃん戦争のことを教えて」中條高徳(著)【私のお気に入りの本】 | トップページ

2015年11月 3日 (火)

【再掲載】「新・歴史の真実」前野徹(著)【私のお気に入りの本】

この前に、TVでちょっと竹村健一氏がこの本のことを誉めていたので、買ってきて読んでいます。すっと読めるし、とても面白い本です。ただ、欧米の植民地政策のえげつなさなど、一部すごい事実がでてきて頭が痛くなるようなこともあります。(日本人でよかった!) 

渡部昇一氏の「100人の指導者たち」で取り上げておられる本「父・山口多門」も、こんなのあり?って内容で、まったくうまくコメント出来ません。もしかしたら、あの凡庸な?(スパイ的人?)がいなかったら、真珠湾攻撃でもっと相手に損害を与えられて、太平洋戦がドローに持ち込めたかもしれない、なんて信じられない内容だからです。

今でもそう、対戦相手に利益を与えるような人をどうして排除できないのか、不思議です。

「新・歴史の真実」前野徹(著)経済界発行
  第一章 戦後歴史の総括
  第二章 日本を骨抜きにした戦後の指導者たち
  第三章 近代世界史は白色人種の侵略、略奪、強殺の歴史
  第四章 侵略の手を逃れた日本
  第五章 大東亜戦争の真相
  第六章 アインシュタイン博士を驚嘆させた日本の伝統文化
  第七章 戦後抹殺された輝かしき歴史と日本人
  第八章 歴史からの教訓と反省と希望


  2chでのコピー(宣伝文句?)は

”前作「歴史の真実」に続いて「新歴史の真実」が出た。
 我が国に誇りと愛情を!祖国はこのままでいいのか!
 我々はこのメッセージを受け止められるか。
 憂国の志士よ!起ち上がれ!”

更新日時: 2003/06/03

【追加情報 ‎(2015/‎11/‎02付け)】
この本のことを再度アップロードしようと、調べてたら、
作者の前野徹さんは2007年2月に亡くなられていました。
(享年81歳)

謹んでご冥福をお祈りします。

また、他にも凄い著作があって、ネット上でも推薦されていました。

”前野徹さんで私が真っ先に思い浮かべるのは、一般には、大戦後、約60万人の日本人がソ連のシベリアに連行され約10万人が殺されたとされる所謂『シベリア抑留』問題に関して、実際には100万人以上の日本人が拉致、強制連行、労働を強いられ、うち50万人以上が殺されていたことを教えてくれたこと・・・”

前野徹『第四の国難―日本崩壊の地鳴りが聞こえる』扶桑社発行

”アルハンゲリスキー著『シベリアの原爆』・邦題『プリンス近衛殺人事件』などをもとに、大戦後、100万人以上の日本人がソ連によって拉致、強制連行、労働をさせられ、うち数十万人(50万人超か?)が殺されたという真実を述べている。”

« 【再掲載】「おじいちゃん戦争のことを教えて」中條高徳(著)【私のお気に入りの本】 | トップページ

デジタル・インターネット」カテゴリの記事

国際・政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

本と雑誌」カテゴリの記事

私のお気に入りの本」カテゴリの記事

2ちゃんねる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2064012/62350089

この記事へのトラックバック一覧です: 【再掲載】「新・歴史の真実」前野徹(著)【私のお気に入りの本】:

« 【再掲載】「おじいちゃん戦争のことを教えて」中條高徳(著)【私のお気に入りの本】 | トップページ