このブログのこと

  • ~~2002年7月21日から~~
    元祖「みこゆきのミーハー日記」の 「みこゆき」が このブログを運営しています。よろしく(^ ^)

姉妹ブログとツイッター

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

経済・政治・国際

2015年1月 4日 (日)

人の嫌がることをする人達・・・不特定多数による集団ストーカー

不特定多数で、知り合いでもないターゲットの人の後を付けてくる。
ターゲットの人物の後ろで、ほのめかしのような悪口をいう。
周囲で、大声でカンに障るような話をする。
大きな耳触りの悪い音をたてて、周辺を歩く。
(=白いポリ袋をガザゴソ大きな音をたてつつ持って歩く)
大きな靴音をたてつつ、付け回す。

スキがあったら、手などを触ってくる(げぇ~~~
ぶつかって来る(=泥棒の仲間??)

混んでくると、ターゲットのすぐ後ろ、
耳元近くで大声でキモイ会話をする。

ストーカーはほとんどが複数で、しかも多数。
めちゃウルサイおばハン連とか(怒
子供連れの時は、すぐにストーカーの子供は泣きだす。
(=親のストーカーはあやさないから、子供はいつまでも泣きわめく)

日本で、「人の嫌がることをする」というと
他の人が嫌がる汚れ仕事を進んでやる、という
褒め言葉なのですけどね。

連中がやると、言葉そのままで、
全く反対の意味になって、怖い(怒

2014年12月 7日 (日)

昔、クッキングスクールに通ってたときのこと

昔、クッキングスクールに通ってたのですよね。
週一とかの、結婚する前の花嫁修業という感じのね(^ ^)

先に、基本のお料理の基本のやり方を習い、
そのあとに、日本料理のコースや、フランス料理も
習いに行ったのだけど・・・

中国料理も面白かった。
大体、最初は、中華料理って言ってたはずなのに、
途中から、中国料理とか記載されるようになったし。

で、講師としていろいろな先生が来たけど、
その先生たちの話が面白かった。

中華鍋の種類の違いとかね。
日本の西の大陸国ではレストランというか料理店(ホテル?)の名前は、
○○飯店というのと
○○酒店というのがあるでしょ。

それは、お米が採れなくて、ご飯を食べるのが難しかったところの
地域のお店では、ここへ来ると、美味しいご飯を食べることができますよ、
ということで、○○飯店という名前をつけてて、
同様に、お酒が手に入りにくい地域では、ここへ来ると、
美味しいお酒が飲めますよと、○○酒店という名前を付ける。

お店の名前を見ただけで、出身地域がわかりますよ
ということ。

それで、思ったのだけど、キャッチフレーズとして、
例の国とかは「
東方礼儀之国」とか言ってたでしょ。
それも、ないからね、礼儀がないから、礼節があるようにしたいという、
願望から、付けたキャッチフレーズじゃないかと、カングッテいます。

だって、そんなことを言わなくても、日本は基本、礼儀正しいし節度がある。
それに比べて、かの国々は何か気に入らないことがあると、
その度に、日本の国旗を破ったり、延々とヒステリーのようにわめいたり、
わざわざ日本人の顔写真いりのプラカードみたいなのを作って、
それをこわして見せたりしているのですものね。

ヘイトスピーチみたいなのばかりやっている。

どこが、東方礼節の国なのでしょうか・・・

2014年11月22日 (土)

私の「面白くないときに書くブログ」の過去ログより

今の政治の流れは、村山社会党政権から
橋本自民党政権に変わった時の流れに似ているのですよね。

同じようにならないことを祈ります。

私の「面白くないときに書くブログ」の2012年月7の過去ログより
<<賢者は歴史に学ぶ、というのに!!!>>
http://mikoyuki.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-0c0e.html

しかし、消費税増税延期をするのに、反対勢力が強くって、
衆議院解散までしないとできなかったって・・・

2014年11月16日 (日)

ツイッターに書く時と、ブログに書く時との書き方の違いについて

ブログの内容をまとめて、ツイッターに書くときには
少し書き方を変えているのですよね。

140字にまとめる必要もありますから、より簡潔に(^ ^)

また、国内向けだと主語なしでもいいけど、あまり内容をぼかして書くと
(=日本語じゃ主語はいらないというか、書かないでも通じるし、
(=面倒だから書かないというのもあるけど、
(=主語をあえて、書かないでも読んでりゃわかるというか・・・

(=遠慮とか、配慮とか、はっきり書くと怖いとかの原因もあり(^ ^;

日本人向けではOKでも、事情の分からない外国人には、もう少し、わかりやすく、はっきりと書いた方がいいと思うことが多々あり、いろいろアップした後に、気づくことも多いので、より詳しく、わかりやすくするようにしています。

特に、ツイッターではね(^ ^)

2014年10月31日 (金)

某掲示板の<おばあちゃんの知恵袋より>(^ ^)

”日本人はなお互い様やねん。
相手に一回譲ってもろたら今度は自分が譲るねん。
そうやって上手い事回っていくけど
『あの人ら』は違う。 一回譲ったら付けこんで来て、
こっちはずっと譲らな あかん羽目になる。
それでも 『あの人ら』は平気なんや。
カドたてんとことおもて譲り合うのは、日本人同士だけにしとき。
そうせんと、『あの人ら』 につけこまれて
 

『ひさしを貸して母屋を盗られて』日本がのうなってしまうからな。”

これも、2005年当時の2chからのコピーです<BBS過去ログより>
あまりの『あの人ら』 の現実世界でのやり口のひどさに、
ネット上では、一般日本人達が戦っていました(^ ^;

今でも、そうかな~~(^ ^;;;

2014年10月20日 (月)

大阪を見ての驚き(!!?)<BBS過去ログより>

これら↓は、私のホームページの昔のBBS(=掲示板)の
書き込み(=元々は2ch)からのコピーです(^ ^)

・・・大阪を見ての驚き(!!?)<BBS過去ログ 2005/05/21>・・・

“第11次朝鮮通信使節(1763~1764)の一員だった金仁謙の日本紀行文、
「日東壮遊歌」金仁謙著 高島淑郎訳注 平凡社東洋文庫 より。

●大阪を見ての驚き
「三神山の金闕銀台とは まことこの地のことであろう」
「人家が塀や軒をつらね その賑わいの程は我が国の錘絽(ソウルの繁華街)の万倍も上である」 「北京を見たという訳官が一行に加わっているが かの中原の壮麗さもこの地には及ばないという」

●名古屋を見ての驚き
「山川広闊にして 人口の多さ 田地の肥沃 家々の贅沢なつくり 遠路随一といえる中原にも見あたらないであろう 朝鮮の三京も大層立派であるが この地に比べれば寂しい限りである」

●江戸を見ての驚き
「楼閣屋敷の贅沢な造り 人々の賑わい 男女の華やかさ 城郭の整然たる様 橋や船にいたるまで 大阪、西京(京都)より三倍は勝って見える」

●京都を見ての電波(笑)
「惜しんで余りあることは この豊かな金城湯池が 倭人の所有するところとなり 帝だ皇だと称し 子々孫々に伝えられていることである この犬にも等しい輩を 皆ことごとく掃討し四百里六十州を 朝鮮の国土とし 朝鮮王の徳をもって 礼節の国にしたいものだ」“

「掃討」???このような電波(=とんでもない発言)なC系の考え方をどうにかしてほしいですね。今も昔も同じなのではないでしょうか。彼らは、この豊かな日本を自分たちのものにしたいと思っているのではないでしょうか。

日本と韓国は戦争をしたわけでもないのに、戦後60年経った今でもあやまれだの、賠償しろと言ったり、国籍条項のない人権法案を通そうと画策したり・・・
外国人の参政権を認めさせようとしたり・・・
最悪のことを今現在しようとしているように感じます。
それにいったいどこの国の議員サンか、わからないような日本人もいるし・・・

なお上記の引用は、確か2001年頃に韓国で「画報・百年前のわれわれは」という写真展があった時に、それらの写真が日本にも伝わり(=ほとんどの人が白い服!!!)、こちらのインターネット上でお祭り騒ぎ(=大笑い=だって連中が普段言っていることと、事実があまりに違うから)になり、その時によくコピーされてでてきた18世紀の日本の紹介文です(^ ^;;;

・・・以上・・・

2014年10月 6日 (月)

再掲載 ”「謝罪と賠償」終了のお知らせ”<2005年の某掲示板群の書き込みより>

“「謝罪と賠償」終了のお知らせ。

 中国、韓国、両国民の皆様に永年に渡ってご愛顧いただいておりました
「謝罪と賠償」は 日本国の国内、経済事情により、誠に勝手ながら本年度をもって終了とさせていただきます。 日本国としましては、過去20回に及ぶ謝罪と、数十兆円に及ぶ賠償をお受け取り頂いた事に 厚く御礼申し上げる次第でございます。

また、これに伴い現在ご利用中の歴史関係カードも、
次年度より無効となりますので予めご了承願います。

なお、友好関係持続のため、次年度からは両国民の皆様からの
「お礼と返済」を開始させて頂く予定でございます。

今後とも何卒日本国へのご理解、ご愛顧を頂きますようお願い申し上げます。
                          敬具“

この書き込みをインターネットで見つけてご機嫌。
読んで大笑いしています(^ ^)b
でも、これはほとんどの日本人の本音部分なのですよね(^ ^;
(=本当は、めちゃ怒っているけどね。大金を出したのに反日だから・・)

また、日本のインターネット上の某巨大掲示板群のいいところは、いい情報や、いい考え方は広く知らせて、みんなで楽しんで共有しようという、素敵な日本人の国民性(=博愛精神)に基づく優しさだと思っています(^ ^)b

・・・以上、私がこの “「謝罪と賠償」終了のお知らせ” の書き込みを
2chで見つけて、自分のホームページのBBS(=掲示板)に
書き込んだのは2005年7月のこと。

で、今、やっとこれが現実化してきましたね。

某A新聞が、先日32年前の記事の誤りを認めました。

2014年9月12日 (金)

映画「LUCY」を見てきました(^ ^)

”新種のある物質の影響で脳が覚醒し、驚異的な力を発揮するようになるヒロインが巻き起こす騒動を描く ”というので、SF映画と思ったら、おこちゃまはだめよのPG12指定のアクション映画でした(^ ^;

でも、SF小説好きな私的には面白かった。

で、いつも思いだすのが元祖サイバーパンクの「ニューロマンサー」(1984年のSF悪漢小説)第1章のチバ・シティ・ブルーズの部分なんかをうまく解釈して、膨らまして映像化したら、このようになるのかな~~とか思った。私なんか、読んでも1ページ目から理解できなかったし、中に書いてあるもののイメージがなかなか思い浮かばず、理解不能。PCもほとんど普及してなかった時代に「オノセンダイ製サイバースペース7」とかね。今なら、少しは理解できるかな~ということで(^ ^;

映画は、最初の舞台はアジアのどこかということで、漢字表示もあってタイペイだったらしいけど、アジア系の登場人物の悪役が怖~~くて、尋常ではない感じで、”日本語でもフランス語でもないような言葉を早口で延々わめいているんです ”  状態
どうも、語尾はニダとか言ってるし(^ ^;;;

私はこんなの見に来たのじゃなかった、とか思ったけど、
折角、見に来たのでと、思って最後まで見ました。
銃撃戦とか、凄いカーアクションがあって

(゚Д゚)スゲェ!!

最後まで飽きませんでした。
SFというよりは、サイバーパンクの系譜かな~~(^ ^)

主役のスカーレット・ヨハンソンさんは
「The Nanny Diaries 」(邦題・私がクマにキレた理由 ・2007年)が面白かった女優さん。このナニーは、どうも今米国は日本を、米国同様に家には家政婦さんがいて、子供はナニーに預けるような、そんな国にしたみたいだけど、私はやっぱり嫌だ、とか思った映画。

あのTVシリーズ「家政婦は見たー!!」
のようなことになりそうだしね(^ ^;

この「LUCY」とは全く関係ない話だけど(^ ^: