このブログのこと

  • ~~2002年7月21日から~~
    元祖「みこゆきのミーハー日記」の 「みこゆき」が このブログを運営しています。よろしく(^ ^)

姉妹ブログとツイッター

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

2ちゃんねる

2015年11月 3日 (火)

【再掲載】「新・歴史の真実」前野徹(著)【私のお気に入りの本】

この前に、TVでちょっと竹村健一氏がこの本のことを誉めていたので、買ってきて読んでいます。すっと読めるし、とても面白い本です。ただ、欧米の植民地政策のえげつなさなど、一部すごい事実がでてきて頭が痛くなるようなこともあります。(日本人でよかった!) 

渡部昇一氏の「100人の指導者たち」で取り上げておられる本「父・山口多門」も、こんなのあり?って内容で、まったくうまくコメント出来ません。もしかしたら、あの凡庸な?(スパイ的人?)がいなかったら、真珠湾攻撃でもっと相手に損害を与えられて、太平洋戦がドローに持ち込めたかもしれない、なんて信じられない内容だからです。

今でもそう、対戦相手に利益を与えるような人をどうして排除できないのか、不思議です。

「新・歴史の真実」前野徹(著)経済界発行
  第一章 戦後歴史の総括
  第二章 日本を骨抜きにした戦後の指導者たち
  第三章 近代世界史は白色人種の侵略、略奪、強殺の歴史
  第四章 侵略の手を逃れた日本
  第五章 大東亜戦争の真相
  第六章 アインシュタイン博士を驚嘆させた日本の伝統文化
  第七章 戦後抹殺された輝かしき歴史と日本人
  第八章 歴史からの教訓と反省と希望


  2chでのコピー(宣伝文句?)は

”前作「歴史の真実」に続いて「新歴史の真実」が出た。
 我が国に誇りと愛情を!祖国はこのままでいいのか!
 我々はこのメッセージを受け止められるか。
 憂国の志士よ!起ち上がれ!”

更新日時: 2003/06/03

【追加情報 ‎(2015/‎11/‎02付け)】
この本のことを再度アップロードしようと、調べてたら、
作者の前野徹さんは2007年2月に亡くなられていました。
(享年81歳)

謹んでご冥福をお祈りします。

また、他にも凄い著作があって、ネット上でも推薦されていました。

”前野徹さんで私が真っ先に思い浮かべるのは、一般には、大戦後、約60万人の日本人がソ連のシベリアに連行され約10万人が殺されたとされる所謂『シベリア抑留』問題に関して、実際には100万人以上の日本人が拉致、強制連行、労働を強いられ、うち50万人以上が殺されていたことを教えてくれたこと・・・”

前野徹『第四の国難―日本崩壊の地鳴りが聞こえる』扶桑社発行

”アルハンゲリスキー著『シベリアの原爆』・邦題『プリンス近衛殺人事件』などをもとに、大戦後、100万人以上の日本人がソ連によって拉致、強制連行、労働をさせられ、うち数十万人(50万人超か?)が殺されたという真実を述べている。”

2015年8月20日 (木)

【再掲載】「おじいちゃん戦争のことを教えて」中條高徳(著)【私のお気に入りの本】

”孫娘からの質問状「おじいちゃん戦争のことを教えて」”という本です。本の帯には<感動のベストセラーが文庫に!陸士出身の祖父がNYの孫に”あの時代”を真摯に語る>とあります。

 私もこの本が文庫本になるのをずっと待っていました。
おじいさんがご自分の可愛がっておられるお孫さんに答えておられるのですから、分かりやすいいい本です。これまでの勉強不足の一部マスコミなどがあおったためか、日本の政治家が近隣三国に謝ってばかりいる自虐体質に本当にウンザリしているので、政治家さん共々早く多くの日本人がこのように、日本には日本の立場があったということを理解してリアルな現実に目を向けてほしいと思いました。
解説は渡部昇一氏です。

更新日時: 2002/12/31

<追伸>
今、本屋さんに行って驚いた。
この文庫本が表紙が見えるような形の展示方法で、店頭に並んでいたのでした。私のお気に入りの本だし、もっと売れて、読んだ人が増えるといいと思いました。

ここに挙げた本でも、当初より10年以上も経っているので、手に入りにくなっているものもあって、残念に思っていたので、うれしい限りです(^ ^)

2015年7月31日 (金)

ネット上で、よくアップされている”スイス政府著「民間防衛」”について

”スイス政府著「民間防衛」
敵国が侵略してくる際の戦争なき戦争

 第一段階「工作員を送り込み、政府上層部の掌握。洗脳」
 第二段階「宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導」
 第三段階「教育の掌握。国家意識の破壊。」
 第四段階「抵抗意志の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用」
 第五段階「教育や宣伝メディアなどを利用し自分で考える力を奪う。」
 最終段階「国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民」 ”

これを読むと、某国の侵略はどの段階まで進んでいるのだろうか、
今の日本はどの段階まで侵略されているのだろうか、
と心配になります。

2015年4月25日 (土)

NHKで「その時、マッカーサーはこう語った」の放送を!

一部改訂していますが、昔の「あれこれ記」より再掲載です(^ ^)

以前、渡部昇一氏が桜BBで行われた講演が半泣きの感動ものでした。
渡部昇一氏はその中で、NHKで「その時、マッカーサーはこう語った!」
との特集番組を放送するべきだと、提案しておられます。

1951年5月3日、マッカーサーはアメリカの上院の軍事外交委員会で
大演説をしたそうです。その中でアジアの情勢について、
「この前の戦争に日本が入ったのは、主としてセキュリティーのためだった」
と語ったそうです。マッカーサーの権威でのみ執り行われた東京裁判は、
それで実質取り消されているのです。

2つめの提案として、昭和27年(1952年)に独立の回復をした4月28日を
祝日として祝うべきだとされています。そして、占領下の主権が無かった時期に
つくられた憲法や教育基本法は無効とし、つくり直すべきだとされています。

2ちゃんねるよりの面白い書き込みを紹介します。

“極東裁判を否定する意見は当然だが、それより大きく考えよう。
戦前の米国中枢にはソ連のスパイが浸透していたことは知っている
とおりだ。最後には原爆の秘密までスターリンに盗まれた。
ハルノートは、ソ連のスパイ財務省のホワイトがKGBの指示をうけて
書いたものだ。日本はアジアで南下するソ連の共産党、中国共産党
の圧力と一国で戦っていた。米国は何をしたか。共産党に援助して日本を
攻撃したのだ。そして戦後米国の共産党支配に気づいて行ったのが、
赤狩りだ。これによりソ連のスパイと同調者は米国から追放された。
だから米国の対日政策が誤っていたのである。東京裁判を否定する
のは当然だが、戦前の米国の対日政策の誤りを確認したい。”

2015年4月 7日 (火)

最初の頃の2ちゃんねるのスレに・・・

最初の頃の2ちゃんねるのスレに、
スレの表題はうろ覚えなのですが、
「あなたの受けた左翼教育を振り返る・・」的なものがあって
とても面白かったのです(^ ^;

それはいろいろあったみたいです。

でも、結局、ネットやらで実の情報が拡散しはじめて、
少なくとも、2chやらの掲示板などを読んでいるような人は
夢のお花畑のような嘘っぱちの世界からは覚醒しているわけで、
みんな現実に戻ってこられてよかったね~~とか、褒めあってた(^ ^)

私の学生時代とか、連中にとって非武装中立が絶対善で、
スイスが理想の国だった。

スイスが国民皆兵で、武器も所持し、軍事訓練もしている国だ、
ということは連中も知らなかったか、知らされてなかったし。

でも、連中の嘘がバレた。

非武装中立のせいで、某国に何百人も拉致されたままで、
竹島も、尖閣も、取られそうじゃないですか。

新聞やTVで、どんな嘘をアナウンスしても、
現実と突き合せれば、やがて、嘘はバレル。

嘘はバレルってことを連中はまだわかってないのでしょうかしらね。

嘘がばれ、みんなが真実を知った時の反動は凄いですよ。

2015年3月24日 (火)

某大陸国の外交政策は伝統的に「遠交近攻」と「六韜」式(!!?)

(続き)
「遠交近攻」遠い国とは仲良くして、近い国は攻めるという外交政策
「六韜」とは以下↓のようなこと(ネット上から引用  アリガトサン(^ ^)

“交渉の為に隣国から使者が来て、
もしその者が有能ならば何一つ与えず返せ。
交渉の為に隣国から使者が来て、
もしその者が無能ならば大いに与え、歓待せよ。
そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な者が失脚する。
そしてやがては滅ぶ。

※六韜(りくとう、中国の兵法書)より”

先の国際会議での某国の、到底ホスト国としての礼節をわきまえない、
気に入らない相手には、仏頂面の握手をするなどの
失礼なやり方を見ていると、大陸の某国は、やはり体制が変わっても、
昔ながらのやり方のままの国だと、わかりますね。

ネット上じゃ、あれは「六韜」式だと言っています(^ ^;
(=「六韜」だと、歓待されると逆に怖いのですけどね)

それにしても、属国として認められれば、金印が貰えるそうですよ。
なんて、イイ国なのでしょうか(棒ヨミ

(続く)

2015年3月20日 (金)

「あの国のあの法則」の英訳

○Win                         vs         ● Lose 

○Tang Dynasty(China)    vs    ●Japan+Baekje(=Korea
       <7th c.The Battle of Baekgang (Hakusukinoe) 白村江の戦い>
○Arab Abbasid Caliphate   vs ● Tang(China)+Goguryeo(
Korea)
  <8th c.The Battle of Talas タラス河畔の戦い>
○Japan                         vs       ●Yuan(China)+Goryeo(
Korea)
           (元寇)<13th c.The Mongol invasions of Japan >
○Ming(China)               vs       ●Japan +Choson(
Korea)
            (文禄の役)<16th century.

○Japan                         vs       ●Ming(China)+Choson(
Korea)
            (慶長の役)<16th century.
○Qing(China)                vs       ●Ming(China)+Choson(
Korea)
             (明滅亡) <16th c.Fall of the Ming Dynasty>
○Japan                         vs       ●Qing Dynasty(China)+Choson(
Korea)
     (日清戦争)<19th c.The First Sino-Japanese War>
○Japan                         vs       ●Russia + Choson(
Korea)
         (日露戦争)<20th c.The Russo-Japanese War>
○U.S.A.                         vs       ●Japan + Choson(
Korea)
    (大東亜戦争)<20th c. W.W.Ⅱ
     (The Pacific War=The Greater East Asia War>

○Vietnam                    vs      ●U.S.A + South
Korea
     (ベトナム戦争) <20th c.The Vietnam War>

Draw ・・・The Korean War(朝鮮戦争)
U.S.A.+韓国(
S.Korea) vs China +北朝鮮(N.Korea)
   <1950-1953年7月27日停戦>      

・・・

もっと詳しくは、「あの国のあの法則」で検索してみてください。

元々の日本語バージョンはこちらへ(^ ^)

2015年3月18日 (水)

知っておきたい基本的事実 番外の2 開戦理由の「ABCD包囲網」<19世紀末のソウルの人口推定25万人>

(続き)
だいたいですね~~
19世紀末の時点で、ソウルが推定人口が25万人なのですね。
(ミセス・ビショップの 1894~1897年の「朝鮮紀行」より)
そこから、WW2の終戦の1945年まで、短い期間しかないのに、
旧日本軍が20万人ものコリアン女性を従軍慰安婦にしたとか、不可能です。

どういう計算をしたのですか。もう一度、
ノミや虱、南京虫の数でも数えたのですか、とお聞きしたい。

それに、朝鮮半島は戦場でさえなかった。もちろん、日本とは戦ってもいない!(=朝鮮半島が戦場となったのは、その後に勃発した朝鮮戦争の時です。)

日本のWW2の主な開戦理由は、米国などにABCD包囲網で、
石油の輸入を止められたからです。
A アメリカ
B ブリテン
C シナ
D ダッチ(オランダ)

「石油の一滴は血の一滴」と言ってました。
日本軍はトラックなどは、ほとんど持っていませんでした。鉄道の引かれていないところでは、あっても馬で、輸送や移動は主に徒歩です。

そんなぎりぎりの状況の中で、他国の女性を大量に集めるためなどに、兵力を使ったりすることはありえません。もし、女性がいるとしたら、日本軍の後に自主的に付いてきた人達です。
(=They were professional camp followers.)

それとも、半分島国の国では、ただ単に自称被害者がこんなことをされた、と、言っただけで、証拠が全くなくとも、既成事実となるのですか???

元々、コリアンの従軍慰安婦という人達の
証言は嘘だらけで、1つとして、確かなものはなかったそうです。
日本が調べても、そして、米軍が調べた資料でもです。

米軍はビルマの慰安婦のことを調べたということです。
当時のGHQは、詳細な資料を持っている、ということです。そのビルマ、今のミャンマーでの資料などを見直してほしいですね。多額の金を稼いでいた慰安婦たちとは、
自主的にやってきた職業売春婦でしょうに!

私達、日本人は嘘をついてはいません。

逆に、今までやってもいないことを、
延々と何度も何度も訴求され、謝罪と賠償を要求されてきました。

<続く>

2015年3月17日 (火)

「知っておきたい基本的事実」番外・某A新聞の巻

「知っておきたい基本的事実」
・・・戦時中に徴用労働者としてきた者は245人のみ!

(続き)
<在日は「強制連行」ではない。by 朝日新聞(!) >

"「戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前には約200万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。残りの30万人は大部分鉱工業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令によるものはごく少数である。
(中略)
終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引き上げで合計140万人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き上げ計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。
(中略)
現在、登録されている在日朝鮮人は総数61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者を除き、自由意志によって残留した者である。」

<1959年7月13日 朝日新聞>"

誰かこれに反証を出せるのでしょうか???

<<連中の多くは強制連行されたなど、今まで嘘ばかり言っていた!!!>>

(続きあり)

2015年3月16日 (月)

「知っておきたい基本的事実」(続きの続き)明治初期(19世紀末)の日本

「朝鮮紀行」byビショップ夫人(イザベラ・バード)について(続き)
(英国婦人の見た李朝末期 講談社学術文庫発行)
「KOREA AND HER NEIGHBOURS」
  by Mrs. BISHOP ( ISABELLA BIRD )

分厚い文庫本ですが、ネット上で紹介されている李朝(=李氏朝鮮)の様子と、最近まで、日本に喧伝されていたK国人言っていることとが、あまりに違うので、嘘か本当かを確かめるために、全く興味本位で、いわば怖いもの見たさに買い求めた本でした。

でも、序章に続く第1章の冒頭で、

"長崎港から朝鮮南部の釜山までは、船で15時間しかからない。とはいえ、わたしにとっては途中肥後丸の寄航する対馬で日本も見おさめで、その紅葉した楓やつぼみのほころんだ梅、頂に寺のある山、森の神社へ通じるおごそかな石段、青緑に苔むした松の木、黄金色の羽毛を集めたような竹林といったものを眺めたあとだけに、釜山の茶色い地肌を露出した山々は、夏ならまだしも日のささない二月では、荒涼として近寄りがたい印象がことさらつよかった。・・・・"

なんて続くと、涙ちょちょびれてきて、うわぁ~~、日本のよさって、やはりこういうことだったんだ!!!って、感動するというか、日本らしさは大切にしなくちゃいけないと思うのでした(=外国のことを知って、改めて自国の良さを知るというか)それに、釜山とは近いのですね。全く知りませんでした。で、知らなかった故に騙されたようなことの多いこと!!!

 日本の物は何でも朝鮮経由で、教えてやった、教えてやったって連呼され、日帝36年の悪事・・・とか言われて、日本人は謝り続けたように思います。ほんの百年前ことです。写真もあります。

この本はその謝罪や賠償を要求され、戦後にいじめ倒されてきた日本の自虐史観を取りのぞく効果があります。挿し絵や写真を見るだけでもいいと思います。正確な様子を残す為に、画家も同行させたようです。

"1897年のソウル(=日本統治後)

監獄改善に関しては多くの対策がなされてきたが、囚人の区分をはじめまだ手つかずのままになっている問題も多い。それでも、ソウルの監獄は改革が行なわれ・・・拷問は少なくとも表向きには廃止されたし、切断された首や胴体をさらしたり、むち打ちや身体の削ぎ切りで死に至らしめるようなことは日本の支配を受けていた時代になくなった。ソウルの監獄を見学した日の午後、わたしは繁華街の雑踏のなかに三脚状に組んだ棒につるした首がさらされ、《東大門》外の道ばたの血だまりのなかに首のない胴体が転がっているのを見たのが、わずか二年前だったとは信じられない気持ちだった。

その他ソウルの変化はあまりに多くてここには書ききれない。・・・"

<拷問をやめさせたことを日本の悪事とでもいうのか!>
<<隣国の連中の言ってきたことは嘘ばかりだ!!!>>

朝鮮問題を扱う政治家や報道関係、外交関係の方々にはぜひ読んで頂きたい本です。基礎知識としてこれくらいは知っておかなくちゃね(^ ^ゞ

(続く)

より以前の記事一覧