このブログのこと

  • ~~2002年7月21日から~~
    元祖「みこゆきのミーハー日記」の 「みこゆき」が このブログを運営しています。よろしく(^ ^)

姉妹ブログとツイッター

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

事件・事故

2015年8月 3日 (月)

【再掲載】「新西洋事情」と「新東洋事情」シリーズ 深田祐介(著)【私のお気に入りの本】

私は深田祐介さんの本のファンで「新西洋事情」や「スチュワーデス物語」の昔から本が出るたびに買っていました。

 日本は好きな国のことは好きな余りに本当のことを書かない、報道しない。で、実情と報道とのギャップが非常に大きいので、そのギャップをを埋める為に本当のこと、実際の事情を書いたと解説されていました。

そして、最初は「新西洋事情」、そして今は「新東洋事情」シリーズです。実際にかの地で仕事をされている人たちからの情報が入っているので凄く面白いシリーズです。「新東洋事情」「最新東洋事情」「激震東洋事情」と最新刊の「中国に媚びてはいけない―東洋事情2000~2001」と続きました。

古森義久さんとの共著『アジア再考 「謝罪外交」を越えて』と「アジア再考 外務省には任せられない!」を、私は今読んでいる最中です。
これらも凄く面白い本です。

更新日時: 2002/12/12

<追加>

去年の夏、2014年7月14日の、
奇しくもフランスの建国記念日に亡くなられたと、
深田さんの突然の訃報が出て、びっくり。
まだまだ、活躍して頂きたかったのに残念なことでした。

”直木賞作家の深田祐介さんが亡くなられた!”
http://blog.goo.ne.jp/2miko3/d/20140719

外国での駐在員を取材してて、何か現地で危機的なことが予想される度に、他の国の人達は何か危険情報を与えられているようなことがあるのに、日本の会社の場合は何も知らされないようなので困る、というようなことを嘆いてもおられました。日本にも早く独自の情報機関がほしいですよね。

忍者がいた国なのに、今は忍者がいないなんてね。

ありえない~~~でしょ。

2015年3月 6日 (金)

知っておきたい基本的事実 100年程前の日本周辺事情

日本の近隣には、とにかく、日本に付きまとい、
あれやこれやと日本の批判ばかりしている国々があります。

嫌いなら、こちらのことを気にせず、無視すればいいのに!
と、日本人的には思いますが、無視するようなことはないようで、
何であれ、こちらの動向ばかり報道している国があります。

近所付き合いレベルで、常識のない、うるさい人が混じってきたとき、
どうしたらいいのか、と、前に友達とかで、ちょっと話し合ったことがあるのですが、とにかく、何であれ、こちらの感想は述べない、事実のみを淡々と主張していく、というのが、そのときに出した結論でした。

元々、こちらがあまりに、特に、K国に興味がなく、
また、知らされてもいないことが多く、ゆえに騙されているようなことも
多いので、これも昔にアップしてた、私のサイトの中の 「あれこれ記」より
「知っておきたい基本的事実 」 シリーズを再掲載します(^ ^)

「 知っておきたい基本的事実 100年程前の日本周辺事情 」   

「KOREA AND HER NEIGHBOURS = 朝鮮紀行 」
         by Mrs. Bishop ( Izabella Bird )
”英国夫人の見た李朝末期(19世紀末)”
(講談社学術文庫発行)より抜粋。

"ソウルを描写するのは勘弁してもらいところである。
北京を見るまで私はソウルこそ、この世で一番不潔な町と思っていたし、紹興へ行くまではソウルの悪臭こそこの世で一番ひどい匂いだと考えていたのであるから。
都会であり首都であるにしては、そのお粗末さはじつに形容しがたい。

礼節上二階建ての家は建てられず、したがって推定二十五万人の住民は、おもに迷路のような横町の「地べた」で暮らしている。路地の多くは荷物を積んだ牛どうしがすれちがえず、荷牛と人間ならかろうじてすれちがえる程度の幅しかなく、おまけにその幅は家々から出た個体及び液体の汚物を受ける穴か溝で狭められている。悪臭ぷんぷんのその穴や溝の横に好んで集まるのが、土ぼこりにまみれた半裸の子供たち、疥癬もちでかすみ目の大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわったり、ひなたでまばたきしている。

ソウルの「風光」のひとつは小川というか下水というか水路である。
ふたのない広い水路を暗くよどんだ水が、かっては砂利だった川床に堆積した排泄物やごみの間を悪臭を漂わせながらゆっくりと流れていく。水ならぬ混合物を手桶にくんだり、小川ならぬ水たまりで洗濯している女達の姿

周囲の山々は松の木が点在しているものの、大部分は緑がなく、黒い不毛地のうねりとなってそびえている。

美術工芸はなにもない。"

<このコピーは最初はネット上から貰ってきましたアリガトサン(^ ^)b

(続く)

2015年3月 5日 (木)

また、日本近隣の半分島国の国で、大変な事件が起こったので、いつものコピーを・・・正しい歴史認識を持とう!

”なんかいつもどっかの属国になって、いつも宗主国の足ひっぱってる。 ”

”勝ち          負け

唐        vs 日本+百済       (白村江の戦い)
イスラム帝国        vs 唐+高句麗人の総大将  (タラス河畔の戦い)
日本       vs 元 +高麗       (元寇)
明        vs 日本 +朝鮮       (文禄の役)
日本       vs 明 +朝鮮        (慶長の役)
清        vs 明 +朝鮮       (明滅亡)
日本       vs 清 +朝鮮       (日清戦争)
日本       vs 露 +朝鮮       (日露戦争)
ソ連       vs 日本+朝鮮       (シベリア出兵)
アメリカ     vs 日本+朝鮮       (大東亜戦争)
ベトナム     vs アメリカ +韓国    (ベトナム戦争)

番外編(引き分け)
アメリカ+韓国 vs 中国+北朝鮮 (朝鮮戦争) ”

皆さん、よく覚えておきましょうね(^ ^;

ちなみに、これらは「あの国のあの法則」と呼ばれています。

<この法則の英訳はこちらへ(^ ^)>

2015年2月 4日 (水)

「あれこれ記」より続き<インターネットの面白さについて>

(続き) 
危険性を書いたのだから、面白さも書かなくちゃね(^ ^)b

とにかく、”みこゆき”というニックネームみたいなハンドルネーム1つで、全世界に向って開かれているような情報網に、自分の意見なり考えなりを発表することができるようになったのは、画期的なことだと思っています(^ ^)

それに、某巨大掲示板群の面白さったらない!

今までの日本では到底流れなかった、知らされることのなかったような情報や知識が次々に表に出てきています。また、情報を受け取るだけでなく、自らも情報や意見を発信できるので、既存のマスコミからもたらされる一方的なニュースや情報配信とは全く違ったことができるようになってきました。

それでまぁ、この私のサイトでも、何か日本のよさを、
日本の面白さを世界に向って発信していけたらいいなぁ~~
と思っています(^ ^)b

<続きあり>

2015年1月 4日 (日)

人の嫌がることをする人達・・・不特定多数による集団ストーカー

不特定多数で、知り合いでもないターゲットの人の後を付けてくる。
ターゲットの人物の後ろで、ほのめかしのような悪口をいう。
周囲で、大声でカンに障るような話をする。
大きな耳触りの悪い音をたてて、周辺を歩く。
(=白いポリ袋をガザゴソ大きな音をたてつつ持って歩く)
大きな靴音をたてつつ、付け回す。

スキがあったら、手などを触ってくる(げぇ~~~
ぶつかって来る(=泥棒の仲間??)

混んでくると、ターゲットのすぐ後ろ、
耳元近くで大声でキモイ会話をする。

ストーカーはほとんどが複数で、しかも多数。
めちゃウルサイおばハン連とか(怒
子供連れの時は、すぐにストーカーの子供は泣きだす。
(=親のストーカーはあやさないから、子供はいつまでも泣きわめく)

日本で、「人の嫌がることをする」というと
他の人が嫌がる汚れ仕事を進んでやる、という
褒め言葉なのですけどね。

連中がやると、言葉そのままで、
全く反対の意味になって、怖い(怒

2014年11月12日 (水)

昔の海外TVドラマシリーズ「Xファイル」について(続きの4の続き)

(続き)
これは多分、こっちの方が先だと思うのですが、このシリーズの中にも、黒服で黒いサングラスの2人組の男達が出てきて、今見たことは誰にも言うな、と脅かして出ていくような話が出てくるのです。

まるで、映画「メンインブラック」のような感じで。

朝鮮戦争から帰国した米兵士が、洗脳されてたことがあったので、米国でも洗脳実験をやったとか、その戦争以後、米国でも事実の隠蔽や捏造をするようになった、との暴露話をする元政府職員が失踪したりする回もあり(怖っ

では、昔の書き込みの続きもどうぞ↓

<2006年7月 テレビシリーズの「Xファイル」<続き・その4の続き>

TVシリーズでは、UFOの話など、どこまでが事実で、どこまで捏造だったのかか、はっきりとはでてこないようです。

でも、カナダの農園で妹サマンサのクローン人間が「朝鮮人参」を作ってた!という回があったり、実際は、かなり分かっているのではないでしょうか。何かほのめかしのようなことがたくさん出てきます。

それで、この米国での事件でも、北朝鮮は絶対に関係アリだと思われて・・・
というか、このTVドラマでは、途中から、第3の関係者?というのが出てきて、若い男女の誘拐の犯人が地下にいる「金星人」っていう話が出てきました。金色の人間大の大きさの(まるで着ぐるみを着たような)エイリアンが出てきて、車に乗ってた男女を脅かし誘拐した。

金星は英語で言うと、「ビーナス」ですが、漢字だと・・・
「金」星・・・モロです。

で~~、ちょっと話は現実に戻って~~~

若い男女の誘拐も、日本ではそれが北朝鮮による拉致だったと判明しました。今やっと北朝鮮のやってきた悪事が表に出てきました。連中が罪を認めたからには、彼等のやり方に習って、謝罪させ、賠償させるべきです。

経済援助なんてトンでもないことです!!(怒 

もしそれができないのなら、もう徹底的に対抗するしかないでしょう。
日本海に向けて、日本には連絡もなしに、ミサイルを何発も発射するような国なのですから・・・

<続く>

昔の海外TVドラマシリーズ「Xファイル」について(続きの4)

(続き)
このDVDをさがし出してきて、見直してみました。やっぱ、かなり雰囲気は暗いです。お茶の間で、明るいうちに見るのには適さないかな~(^ ^;

けど、いろいろ当時の最新情報満載で、面白いです。
カーター総監督のいたカナダの様子はどうだったのでしょうか。雨のシーンが多いのは、バンクーバーが雨が多いところだったからとの話もあります。

どこからの情報で、このような様々な凄いストーリーの番組を作ったのか、スタッフが聞いても、監督は誰にも教えてくれなかったという話が、DVD付属の特典映像のどこかに載ってました。

とくかく、怖いもの見たさに、延々とこのDVDを見続けた日があったってことで、その時、私は暇だった???

では、昔の書き込みの続きもどうぞ↓

<2006年7月 テレビシリーズの「Xファイル」<続き・その4>

かなり間が空きましたが、続きです(^ ^)

この作品が前々から面白いと思っていたら、今このDVDが解説書つきで2週間に一本ずつの隔週刊誌として、ディアゴスティーニ社のシリーズものとして、本屋さんで売られています。

もう7シーズン目に入っていて、もう少ししたらカナダ在住のSF作家・W・ギブスンの2本目の脚本参加の「ファーストパースンシューター」が入ったDVD・7シーズン4巻目(第38号)が発売されます。

これは米国のビデオゲームの話でちょっと怖いシーンもありますが、日本人も出てきます。ゲームの達人達が仮想空間で戦っているはずなのに・・・という話。

前にも書き込んだように、この主人公のモルダー捜査官の妹サマンサさんの失踪事件は、日本の横田めぐみさんの拉致事件と似ているので、ずっと気にかかっていました。

日本と違って米国は広いですし、当時はUFOのことがいろいろと話題になっていたので、目撃情報などからUFOに乗ったエイリアンに妹は誘拐された(!!?)
のかもと思っていたモルダー捜査官は、何年もかかってUFOや妹さんを必死に捜しまわります。でも、その内に、目撃者がUFOとの遭遇後に、ヘリが飛んでいるのが見られたりすることも分かってきます。

TVシリーズでは、どこまで本当なのか、はっきりとはでてこないようです。

<続く>

2014年11月11日 (火)

昔の海外TVドラマシリーズ「Xファイル」について(続きの3)

(続き)
SF作家のW・ギブスン原作の「キルスイッチ」も強烈でした。
天才プログラマーの作り上げた人工知能が暴走する話。大型コンテナの中に凄い装置とか、ネットには繋いでないはずのノートPCに追跡装置みたいなのがついてて、電話してしゃべっただけで、位置が追っ手にばれてしまうとか、コンテナヤードで爆発事故(空からの爆撃?)とかね。

日本ではラップトップ型PCとか、無線のインターネット通信など、まだまだ普及してなかった90年代の話です。

では、昔の書き込みの続きもどうぞ↓

<2005年11月 テレビシリーズの「Xファイル」<続き・その3>

TVドラマ版「Xファイル」はシーズン1から9まであり、ビデオやDVDにしてもものすごい本数があるのですが、ただ、ただ、W・ギブスンが脚本で参加したというものを見たくて、そればかり探して見ていました。

・ 5シーズン3巻の「#511 キルスイッチ」
・ 7シーズン4巻の「#713 ファーストパーソンシューター」

この2作品がW・ギブスン参加のものでした。
2つとも1話完結なので、それだけを見てもかなり楽しめます(^ ^)b

主人公のモルダーとスカリーだけじゃなくて、「ローンガンマン」という業界紙(PC関係?)を発行している3人組のコンピューターオタク青年も活躍するのですが、それもとても面白い(^ ^)

いろいろなところのコンピューターに侵入しちゃったりね(^ ^;

また他にも、W・ギブスンの文庫本の裏表紙の彼の写真そっくりの青年が出てくる話もあって、その回ではスカリーが“これは産業スパイだわ!”って言ったりしています(^ ^;

折りしも、この5日にNHKスペシャルで最新の脳科学のことが紹介されていました!

「サイボーグ技術が人類を変える」立花隆さんの最前線の取材報告です。

失明した人が機械の目で光を感じることができたり、手を失った人が考えるだけで動く特殊な義手があったり、人間が操ることのできる生きたネズミの話もありました。漫画やSF小説に出てくるようなことが、本当はもっとすごいことが、できるようになっているのはないのかと、私はそんな気がしました。

<誰か発表してくれないかな~~~(^ ^)>

というか、その番組では「人間とは何か」を、今こそもっと考えるべきだと、米国のスタンフォード大の神経倫理の教授が最後に仰っていました。後5年もすると、もっといろいろなことができるようになるだろうということからです。「Xファイル」にはスカリーに埋め込まれていたチップの話もありますし、なんだかちょっと怖いです(^ ^;;;

<続く>

2014年11月10日 (月)

昔の海外TVドラマシリーズ「Xファイル」について(続きの2)

(続き)
SF小説家の故フィリップ・K・ディックさんのこととか、検索してたら、2012年には「トータルリコール」のリメイク映画が作られてたのですね。見ていませんでした。また、「猿の惑星」も最近リメイクされています。日本のTVで「未解決の事件簿」系のドラマが制作されたりね。

この辺りのテーマって面白いのかも(^ ^;

では、昔の書き込みの続きをどうぞ↓

<2005年10月 テレビシリーズの「Xファイル」<続きの2>

映画「猿の惑星」を見るモルダー特別捜査官

私は映画などを見て、この突拍子もない設定は一体どこから来ているのか、と不思議に思い、元ネタを知りたいと思うことが多々ありました。たとえば、タイムマシンものの映画もありますが、それは全く空想で、こういうものがあったら面白いなぁという願望からでていると分かる気がします。

しかし、映画「マトリックス」や「攻殻機動隊」は???
本当にこんなことがありえるのか?という疑問が生まれました。十分に面白いけど、なぜこんな設定が出てくるのか、理解できませんでした。でも、その疑問を解く鍵がこの「Xファイル」にはありました。

・頭部に埋め込まれたチップが見つかったこと
・人の心が読める?少年ギブスンのこと
・超低周波や電磁波?による記憶や時間の消失
・米国原住民アナサジ族のこと・第6の絶滅
・人のDNAの解析と実験

など、いろいろなことがでてきます。

私もモルダー特別捜査官みたいに真実を知りたい病に罹ってしまったような・・・。でも、どこまでが本当のことなのか、私には到底調べることはできませんから、疑問は疑問のままでしょうけどね(^ ^;;;

<続く>

2014年10月 1日 (水)

海外はいろいろ紛争とかで、国内は天変地異続き!?

海外の情勢が悪くて、いろいろ紛争とか起こってて
その点、日本は平和だと思ってたら、
国内は、木曽の御嶽山の噴火とか、台風の接近とか
未だに天変地異だらけ。

もう10月に入ったので、
日本本来の穏やかな秋の気候になることを祈ります。

私のブログもいくつかの記事が書きかけのままなので、
それを続けたいと思っているのですが、

こんなこと普通じゃありえない、
というような事件事故の連続に天候不順で、
中々気が落ち着くことができません。

ある意味、今が日本の戦後の歴史の転換点なのかもしれない
と、思ったりしています。

永く日本が苦しめられていた戦後の闇からの解放!!
(=自虐史観などいらない!!!)

それがスムーズに進むことを願っています(^ ^)