このブログのこと

  • ~~2002年7月21日から~~
    元祖「みこゆきのミーハー日記」の 「みこゆき」が このブログを運営しています。よろしく(^ ^)

姉妹ブログとツイッター

無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

BBS過去ログより

2015年4月25日 (土)

NHKで「その時、マッカーサーはこう語った」の放送を!

一部改訂していますが、昔の「あれこれ記」より再掲載です(^ ^)

以前、渡部昇一氏が桜BBで行われた講演が半泣きの感動ものでした。
渡部昇一氏はその中で、NHKで「その時、マッカーサーはこう語った!」
との特集番組を放送するべきだと、提案しておられます。

1951年5月3日、マッカーサーはアメリカの上院の軍事外交委員会で
大演説をしたそうです。その中でアジアの情勢について、
「この前の戦争に日本が入ったのは、主としてセキュリティーのためだった」
と語ったそうです。マッカーサーの権威でのみ執り行われた東京裁判は、
それで実質取り消されているのです。

2つめの提案として、昭和27年(1952年)に独立の回復をした4月28日を
祝日として祝うべきだとされています。そして、占領下の主権が無かった時期に
つくられた憲法や教育基本法は無効とし、つくり直すべきだとされています。

2ちゃんねるよりの面白い書き込みを紹介します。

“極東裁判を否定する意見は当然だが、それより大きく考えよう。
戦前の米国中枢にはソ連のスパイが浸透していたことは知っている
とおりだ。最後には原爆の秘密までスターリンに盗まれた。
ハルノートは、ソ連のスパイ財務省のホワイトがKGBの指示をうけて
書いたものだ。日本はアジアで南下するソ連の共産党、中国共産党
の圧力と一国で戦っていた。米国は何をしたか。共産党に援助して日本を
攻撃したのだ。そして戦後米国の共産党支配に気づいて行ったのが、
赤狩りだ。これによりソ連のスパイと同調者は米国から追放された。
だから米国の対日政策が誤っていたのである。東京裁判を否定する
のは当然だが、戦前の米国の対日政策の誤りを確認したい。”

2015年4月 6日 (月)

私のお気に入りの本 My favorite books

昔の私のホームページの中のコーナーから再掲載します。
(=2000年から2004年くらいまでのお気に入りです)

1  「逆説の日本史」シリーズ 井沢元彦(著)
2  「日本史から見た日本人」 渡部昇一(著)
3  「田辺聖子の古事記」 田辺聖子(著)
4  「私的生活」 田辺聖子(著)
5  「ルンルンを買っておうちに帰ろう」林真理子(著)
6  「新東洋事情」シリーズ 深田祐介(著)
7  「台湾論」 小林よしのり(著)
8  「おじいちゃん戦争のことを教えて」中條高徳(著)
9  「アメリカ人は、なぜ明るいか?」 原隆之(著)
10  「百年分を一時間で」 山本夏彦(著)
11  「名画に見る 國史の歩み」 小堀桂一郎監修 所 功編
12  「ミステリー作家 私のベスト10」
13  「ニッポン文化大革命」 ビートたけし(著)
14  「新・歴史の真実」 前野 徹(著)
15  「朝日新聞血風録」 稲垣 武(著)
16  「地球日本史」シリーズ 西尾幹二(責任編集)
17  「ボッコちゃん」 星 新一(著)
18  「火星シリーズ」 エドガー・ライス・バローズ(著)
 ・
 ・
 ・
 

この中の「名画に見る 國史の歩み」は、きれいなきれいな歴史関係の
日本画を集めた豪華本なのですが、今ちょっと手に入りにくいみたいで、
その代わりになるようなもので、何かないかと探してたら、
渡部昇一氏の本で「読む年表 日本の歴史」という本が
出ていました。WAC BUNKO発行のコンパクト版ですが、
挿絵がオールカラーで、昔の日本画を使っているので、とても美しい。

自虐史観が入っていない頃の日本画は
本当に美しいのです(^ ^)

2015年3月22日 (日)

このブログに「歴史関係」のコーナーを新たに設けました(^ ^)

私のホームページの公開先がなくなってしまいました。
(「Page On」の都合で、5月末までに伸びましたけどね)

それで、この「ココログ」にある「ウェブページ」の機能を使って、
その一部分を復活させました(^ ^)b

サイドバーの中の「コンテンツ」をご覧ください。

「What's New 」

「あれこれ記」

「歴史関係」

これらが私の「みこゆきのミーハー日記」由来のページです。

もう少し飾りを入れようかなどと考慮中(^ ^)

2015年3月14日 (土)

「知っておきたい基本的事実(続き)100年程前の日本」と某国の写真展の話

(続き)
同じ人物(イザベラ・バード)による日本の米沢に関する記述

"南に繁栄する米沢の町があり、北には湯治客の多い温泉場の赤湯があり、まったくエデンの園である。鋤で耕したというより、鉛筆で描いたように美しい。米、綿、とうもろこし、煙草、麻、藍、大豆、抑子、くるみ、水瓜、きゅうり、柿、杏、ざくろを豊富に栽培している。実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカデヤ(桃源郷)である。自力で栄えるこの豊沃な大地は、すべて、それを耕作している人びとの所有するところのものである。・・・・・・
 美しさ、勤勉、安楽さに満ちた魅惑的な地域である。山に囲まれ、明るく輝く松川に灌漑されている。どこを見渡しても豊かで美しい農村である。"

<この本のことは、2ちゃんねるのニュース板で教えてもらいました。>
<アリガトさん(^ ^)b>

【追記】
 Mrs.Bishop ( Isabella Bird )
ミセス・ビショップ(イザベラ・バード・1831~1904年)は、1878年(明治11年)に日本を訪れ、数ヶ月にわたって東京から日光、新潟、山形、秋田、北海道等を旅行し、その時の印象を「日本奥地紀行」の中で記しています。
 また、横浜など、奥地ではない、日本の都市部のことを書いた書物もあったそうなのですが、それは今は日本にはないということです。そちらの方も読んでみたいと思いました(2005年)・・・と思ってたら、2008年くらいに「日本紀行」の全訳が日本で発売されました。読んだ感想はまた後で(^ ^)

【追記の追記】
この本のことが話題になってきたのも、元々はK国が、前に(=2002年頃)
「画報・百年前のわれわれは 」 という写真展を開催したことから、始まっています。ネット上でも、2chなどでも、散々K国人が日本をさげすみ、自分達の方が先進国であったと威張りちらしていました。けど、実際の写真を見ると・・・(笑

そして、この本、この事実。

これは先入観のない英国人女性(敬虔なるクリスチャン)からみた
当時(1894~1897年の朝鮮半島旅行時)の様子です。

「画報・百年前のわれわれは 」 の写真や、この本の中の挿絵などをみて
どう思ったのか、Kの国の人に聞いてみたいと思いました。
(続く)

2015年3月 4日 (水)

まだ、まだ、続けます(^ ^)

ホームページ公開サービスのOCNの
「Page On」が、この2月末に終了したので、
私のホームページの公開も2月末で終了させました。

今はまだ、微妙にトップページなどは残っているのですが、
その内に消えるでしょう(^ ^;

また、ブログを引越した時に、3つのブログの内容が
2つのブログに移ったので、かなり修正したとはいえ、
まだ、いろいろ飛んだり、リンクがおかしくなっています。

で、まぁ、重なったりもするでしょうが、
これから先にも、前のHPやブログの内容などもこちらへ
アップしていきたいと思います。

請うご期待(^ ^)

2015年2月28日 (土)

「みこゆき」のホームページの公開は今日でおしまい(^ ^;

ハンドルネーム「みこゆき」のホームページ(=Web site)
元祖「みこゆきのミーハー日記」と、
その継承版の「みこゆきのウェブ記録」は
2002年7月より公開していましたが、本日2015年2月末で
公開を終了したいと思います。

12年と7か月にもわたる永きの
ご愛顧どうもありがとうございました(^ ^)

というわけで、2004年時のトップページの
画像をアップします。

Photo

昔は、いろいろとコーナーを作ってたんだ!
ということで(^ ^)b

2015年2月20日 (金)

”「謝罪と賠償」終了のお知らせ”・・・ネット上の書き込みより再掲載(^ ^)

(続き)
“「謝罪と賠償」終了のお知らせ”

中国、韓国、両国民の皆様に永年に渡ってご愛顧いただいておりました
「謝罪と賠償」は 日本国の国内、経済事情により、誠に勝手ながら本年度をもって終了とさせていただきます。

日本国としましては、過去20回に及ぶ謝罪と、数十兆円に及ぶ賠償をお受け取り頂いた事に 厚く御礼申し上げる次第でございます。

また、これに伴い現在ご利用中の歴史関係カードも、
次年度より無効となりますので予めご了承願います。
なお、友好関係持続のため、次年度からは両国民の皆様からの
「お礼と返済」を開始させて頂く予定でございます。
今後とも何卒日本国へのご理解、ご愛顧を頂きますようお願い
申し上げます。

敬具“  

この書き込みをインターネットで見つけてご機嫌。
読んで大笑いしています(^ ^)b
でも、これはほとんどの日本人の本音部分なのですよね(^ ^)

また、2chなどのいいところは、いい情報や、いい考え方は広く知らせて、みんなで楽しんで共有しようという素敵な日本人の国民性(=博愛精神?)に基づく優しさだと思っています(^ ^)b  

<2005年度のBBSより再再掲載(続く)

2015年2月15日 (日)

福沢諭吉「脱亜論」 1885年(明治18年)<要約>・・・ネット上の書き込みより(^ ^)

(続き)
”日本の不幸は中国と朝鮮だ。

この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。

国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員としてその繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。日本は、大陸や半島との関係を絶ち、欧米と共に進まなければならない。ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。 この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。

私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。 ”

・・・以上、引用終わり・・・

福沢諭吉はやはりすごいですね(^ ^)
これもインターネット上の書き込み群から見つけてきました。
アリガトサン(^ ^)b

<2005年当時の「あれこれ記」に掲載してた記事のコピーです(続く)

2015年1月15日 (木)

PROFILE<私のウェブ上でのプロフィール紹介>の続き

(続き)
なぜ、こんなことを書き込んでいるのかというと、
OCNのホームページ公開スペースの「Page ON 」が、
今年の2月末でサービスを終了するからなのです。

これがなくなると、このままではHPを公開するスペースがなくなり、それに伴い「Profile」と更新履歴の残る「What's new 」のページがなくなってしまいます。それがつらくて、プロフィールで1つのページを作ったというか、ブログの記事にまとめました。

今更、ホームページと掲示板(CGI)を新規に作ったところで、
誰かが書き込んでくれるようなこともないでしょう、
ということで(^ ^;

というわけで、今後はこのほかにも「あれこれ記」の中の
ホームページ作成の経過を述べた「私のホームページ作成顛末記」もここへ再掲載しようかと思っています。

2015年1月14日 (水)

PROFILE<私のウェブ上でのプロフィール紹介>

・My handle (私のハンドルネーム)
みこゆき(=もちろん、本名ではありません!)

>実は名前に”ゆき”の音は入っていません。
>苗字や名前は”みゆき”でも、”みこ・・”でもなく、
>本名は漢字四文字です。

簡単に言うと
関西在住の主婦(但し、今は大阪府民じゃない。)

最近ね、”私はごく普通の日本人の主婦”ということは分かっているはずなのに、デマを飛ばして、わけのわからないレッテル張りをする連中に悩まされています。もし、誰か私のことについて何か言っている人がいたら教えてね。
大概の悪口はそれを言っている人自身の自己紹介なのですから・・・(怒

・言いたくない年齢
ミドルエイジというか・・・
女の人に気軽に年齢を聞くのは、日本の礼儀では、
失礼だと思われていることを、外国勢は知ってほしい!!!

・興味があること
ガーデニング
ウォーキングと写真撮影

・運転暦
車を運転するのは好きな方かも(^ ^)

・ブログ
2002年7月から公開してた私のホームページの「みこゆきのミーハー日記」、
これの
付属のBBS(=掲示板)がコメント荒らしにあってしまったので、
2007年からブログを始めました(~2014年11月まではOCN「ブログ人」、その後は「gooブログ」と「ココログ」へ)

・ツイッターも始めました。
2012年7月からツイッターも始めています。
ハンドルネームは「み~ちゃん」 @55mikoyuki

<続きあり(^ ^)>